7th NCHU-GMT Capstone Competition for Precision Machine Tool and Intelligent Manufacturing Technology

こんにちは。
厨川・嶋田/水谷研究室、D2の石橋です。
実は初のアクティビティ更新になるので、初めましての人は初めましてになります。

10月20日に台湾で機械加工に関するコンペティションに私とM1の柴田君、高瀬君,嶋田先生で参加してきました。
このコンペティションは台湾内の大学生と教員がチームを組み、機械加工に関するプロジェクト・研究について競い合うイベントです。
優勝チームには約100万円の賞金ということで、どのグループも熱意のこもった発表をしていました。

私たちは海外チームとして招待され、賞金レースとは直接関係なかったのですが審査員の前で発表し、賞金と立派な楯をいただきました。
写真にはその時の高瀬君と柴田君の様子が写っています。
2人は初めての国際イベントでしたが堂々とした発表をしていました。

img_0125img_0123
img_0128

コンペティション終了後は中興大学の先生と学生の案内の下、台中市の夜市(逢甲夜市)に連れて行ってもらいました。
私たちと同様に日本から参加していた千葉大の方々も一緒に台湾夜市の雰囲気と雑多な感じを味わってきました。
私は初めての台湾だったのですが、日本の人混みが可愛く感じてしまいますね。

歓待してくれました中興大学の盧銘詮先生と学生の皆様、初参加の海外チームに細かい気配りをいただいた運営の皆様、ありがとうございました。
学会とは一味違った経験と楽しい時間を過ごすことができました。

img_0132

M2就活・B4院試・B3研修 お疲れ様会 & 付くん歓迎会

2018.10.18

初めまして!今回のブログを担当させていただきます,B4の本郷です.

仙台では路傍の草木も紅葉し始め,秋色いよいよ濃くなってきましたが,貴地方ではいかがでしょうか.

さて,先日10月16日に,M2の先輩方の就職活動,B4の大学院試験およびB3の研修のお疲れ様会が開催されました.
さらに,未来の厨川研メンバー,付くんの歓迎会も併催されました!

M2の就職先は有名な企業ばかりで,私は改めて偉大な先輩方に囲まれているんだなと実感しました.皆さん,大変おめでとうございます!!
B4の院試に関しては,院試免除の優等生が3人,院試上位合格者が2人という結果でした.優秀な同期に置いていかれないよう,今後も頑張りたいと思います…!
B3は研修お疲れ様でした!インターンでお忙しい中,B3を指導してくださったM1の皆さんも大変お疲れ様でした!!

付くんは中国の東南大学出身で,来年4月から厨川研究室の修士学生になります.
同期が増えてとても嬉しいです!共に頑張りましょう!!

139763

3年連続

2018.10.12

厨川・水谷研究室 嶋田です.
本日工学部・工学研究科の運動会が予定されておりましたが中止となりました.
これで昨年,一昨年と続き3年連続での中止となりました.

直近で最後の開催であった2015年の記事を読み直すと,
当時から自分の身体がなまったという言い訳をしていて苦笑いですが,
今や自分の意志に従わないワガママボディで
いつ(ギックリ的な意味で)爆発するやもしれないダイナマイトボディとなりました.
もうかつてのようには走れまい..

しかし,マリオカートによる順位決定戦が行われており,
現在注目のE-sports大会への布石が進んでいるかもしれません.

日本機械学会RC279 産学連携による若手育成プログラム

2018.10.02

厨川・水谷研究室 嶋田です.

去る9月12-13日,京都リサーチパークおよび京都大学で行われた
日本機械学会研究分科会RC279の産学連携による若手育成プログラム(CIA4YI)に参加いたしました.

このプログラムは企業の若手の方および大学の教員・院生を交えたチームを数チーム編成し,
チーム内で議論を戦わせたのちにプレゼンテーションを作成して発表するイベントであり,
今回で5回目を数えます.私は昨年も参加させていただいておりました.昨年度の記事

本年のテーマは「工作機械の不便益」という一風変わったものでした.
そもそも「不便益」という言葉が聞き慣れないことばでありましたが,逆に議論が白熱して面白かったです.
また会議の冒頭にこの「不便益」という言葉を発案された川上先生より直接ご講義いただけたことが大変ありがたかったです.

さて本年の結果ですが,昨年に引き続き栄えある最優秀賞を賜ることができました.
rc279_2018_0913
本年も院生の学生にリーダーをお任せしてしまったことが良かったかと思います.

最後に,非常に楽しい議論をさせていただいたチームの皆様,問題のないようにご配慮いただいた運営の皆様,そして発表をお聞きいただいた委員の皆様に感謝申し上げます.

2018年度精密工学会秋季大会学術講演会(中止)

2018.10.02

厨川・水谷研究室 嶋田です.

まず北海道胆振東部地震で犠牲となられた方々に謹んで哀悼の意を表しますと共に,
被災者の皆様に心よりお見舞いを申し上げます.

本年度の精密工学会の秋季大会は9月5-7日に北海道函館で行われる予定でしたが,
大会2日目の未明の地震により中止となりました.
私は諸般の事情により大会2日目の始発の新幹線で北海道へ向かう予定をしており,
難を逃れる結果となりました.

被災された皆様におかれましては,
一日も早い安全と今までの生活が戻ることを心からお祈り申し上げます.

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会