芋煮会

初めまして、ブログ初登場を果たすことになりましたB4の高瀬です。
季節外れの大型の台風が毎週のようにやってきた中、幸いにも天気に恵まれ秋のビックイベントである
芋煮会が無事に開催されました。
芋煮会の幹事は我々B4の代であったのですが、あいにく計画性というものを持っているメンバーが
いなかったため計量もせず、材料の買い出しをその都度行うなど雲行きの怪しいスタートとなりましたが
皆さんの協力の末大満足の芋煮会が開催できました。
また10月12日は私たちの研究室の准教授である水谷先生の誕生日であったため、併せて誕生日会も開催されました。
水谷先生おめでとうございます!
今年の誕生日プレゼントはなんとキルフェボンのフルーツタルト(ホールで)でした!!!
正直個人的にはここまで高額なケーキを初めて見たため、最初は驚きを隠せませんでした…
結果的に大変喜んでいただけたため、大成功でした。

稚拙な文章ではありますが、最後まで購読いただきありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

高瀬
img_2359-heic

img_2361-heic

2017年度日本冷凍空調学会年次大会にて

お久しぶりでございます.D2の長谷川です.
以前,私の更新した記事を見たら,2014年6月11日・・・3年以上前だったことに戦慄しました.

桃栗だったら収穫時期ですよ.
時間が経つのは早いですね!

さて,先月末の9/27-29にかけて,東京都町田市の玉川大学にて,
「2017年度日本冷凍空調学会年次大会」が開催され,私も聴講者として参列致しました.

加工系の方々には,あまり馴染みのない学会かもしれませんが,
本学会ではその名の通り,主に冷凍器・空調機器に関する研究報告がされています.
近年では学会規模も大きくなり,非常に活気ある学会となっています(今年度の学会予稿集は1000ページを超えたそうです).
省エネが叫ばれている現代においては,かなりタイムリーな内容ではないでしょうか?
皆さまも,機会と興味があれば,是非本学会に参加してみて下さい!

加えまして,私事で大変恐縮ではございますが,
昨年度の2016年度日本冷凍空調学会年次大会にて発表した内容が評価され,
「優秀講演賞」を受賞し,本学会内にて表彰をされてまいりました!

sh20171005
http://www.mech.tohoku.ac.jp/news/detail.php?cid=18&pid=885
(↑機会系のトップページに記載していただきました.たぶん見られるのはいまだけです.)

「アピールするの重要よ」と言われたのでこの場を借りてアピールします.とったどー!

学会で賞をいただけたのはこれが初めてで,非常に嬉しいです.
受賞の連絡を受けたときには詐欺を疑ったくらい信じられませんでした.3度見余裕でした.

これも研究活動を支えていただいた先生方はもちろん,メンバーの皆さんがいたからだと思っています.
皆様,本当にありがとうございました.

これを推進剤とし,研究活動に尽力して行きたと思います!
(そろそろ桃栗のように実を結びたいです・・・)

それでは

D2 長谷川

院試報告

大変お世話になっております.B4の瀧田です.

随分と時間が経ってしまいましたが,先月8月末に院試が終了しました.
そして約1週間後に結果が発表され,我々B4は全員無事に進学が決定しました!
院試前に数多くの方から応援のお言葉やアドバイスをいただき,とても心強かったです.本当にありがとうございました.
研究室での院試打ち上げもとても楽しいものでした.(先生のお話やおいしい料理に集中してしまい,写真を撮るのを忘れてしまいました…)

さて,今後は卒業研究に力を入れていくことになります.
試行錯誤の連続ですが,勉強を続け,先生や先輩のアドバイスを参考にし,同期と切磋琢磨していこうと思います.

最後に改めて,B4を代表してたくさんの方に感謝いたします.
これからもよろしくお願いいたします.

 瀧田

日本機械学会RC272研究分科会の産学連携による若手育成プログラム

2017.09.11

厨川・水谷研究室 嶋田です.
9月6-7日,日本機械学会のRC272研究分科会(次世代産業を牽引する生産技術に関する研究分科会)における
産学連携による若手育成プログラム(CIA4YI: Collaboration between Industry and Academia for Young Innovators)という企画に参加してきました.
この企画は名の表す通り,研究分科会が若手育成のために行っているプログラムで,今回4回目にして私は初参加させていただきました.
「生産加工を取り巻く諸問題を解決できる未来的工作機械・生産プロセスの提案」をテーマに産・学の若手がアイデアを出し合い,プレゼンテーションするという流れで,24時間程度の時間で結論まで作る結構タフなものでした.
利害関係が発生しがちな次世代ではなく,もっと先の次々々世代くらいのものをイメージして話したことが功を奏したのか,我々のチームが最優秀賞の栄誉をいただくことができました.
(ほかにも我々のチームは教員・大学院前期・大学院後期・企業の方がバランスよく含まれたチーム構成の上,人数が1人多いということが良かったかと思います.)
cia4yi2017

楽しい議論をさせていただきたチームの皆様,議論の場を与えてくださった実行委員の皆様,そしてつたない発表をご引見くださった委員の皆様に感謝申し上げます.

砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2017)

2017.09.11

厨川・水谷研究室 嶋田です.

8/30から9/1まで福岡工業大学(福工大)にて行われました砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2017)に参加いたしました.

私は初日に「超音波援用切削による機能性テクスチャリングの創成」というタイトルで発表を行いました.

内容自体はなかなか難しく,議論の余地のある内容ではあり,いろいろ議論できてよかったのですが,

肝心の発表自体は,発表慣れしてきたことによる油断から,練習をあまりせずに挑んだ結果,時間配分を完全に間違えてしまうミスがあり,反省です.

まあ,発表が終われば気楽に各セッションの話を聞いて勉強するのみ.

また今回は学術講演会30回記念大会ということで,

基調講演にて稲崎先生や安永先生,(公財)三井金型振興財団の三井様,さらに吉川先生のご講演を一つの学会で拝聴することができる非常に幸運な会でした.

懇親会も豪華,というか,南国のリゾートの趣きのある会場で,もはや国際学会の様相でした.

DSC_3010

しかし,今回の学会は,福工大の皆様の「おもてなし」によって成り立っていたと思います.
会場の設営や吹奏楽部の演奏はもちろんですが,日常レベルのこととして外部の方へしっかりと挨拶することを学生および附属中高の生徒の皆様がしっかり実践されていて感心させられました.

2017専攻内ソフトボール大会 & その反省と翔さんの誕生会

2017.07.29

お世話になっております.

着々とレポートが溜まりつつあります.でもブログ書きますM1の原井です.

7月2日に機械機能創成専攻のソフトボール大会がありました.

更新が滞ってしまい申し訳ございません.

 

大会はファインメカニクス専攻の堀切川研をゲストに含めた8チームで行われました.

昨年まで2連覇していた我々ですが,主力の先輩方が抜け,大幅な戦力低下でまともに戦えるかさえ危しいところでした.

しかし持前のチームワークで,守備では互いにフォローしあったり,意外にも打線がつながったりと,苦戦はしたものの予選を通過!

準決の川田研戦では,清水がフォアボールを量産しましたが,大差から追い上げ逆転勝利

決勝の堀切川戦では,2-1で惜しくも敗れてしまいましたが,3回延長までもつれ込んだ激闘でした!

おや?堀切川研はゲストチームなので,専攻内では我々の「優勝3連覇」でしょうか?

何はともあれ,皆さんお疲れ様でした.(笑)

img_2557img_2501


時は流れ-7月22日-

恒例のMVPを決める反省会が開催されました.

候補としては…

決勝で激闘の投手戦を演出した西村さん,たぶんホームラン打った溝井,バットで相手を威圧した高瀬,

準決で走者一掃の逆転弾を放った私,なんだかんだバラバラだったチームをうまくまとめた脩平さん,

多々意見が分かれましたが,結局,今年もMVPはあの方,そう…

水谷先生です(3連覇).笑

年齢を感じさせない体を張った堅守が決め手でした.

思い返せば,出場した人も応援した人もみんながんばりました!

次回の球技大会でも優勝できるように頑張りましょう!

 

当週の7/17は海の日…ではなく,「翔さんの誕生日!」みんなでお祝いです!

日頃お世話になっているので,私からは夏を満喫できるよう手動のカキ氷メーカーをプレゼント.

長年連れ添っている脩平さんからは,育毛関連のもろもろと祭り扇子が送られました.

img_2560img_2558

翔さん,誕生日おめでとうございます!

原井

2017オープンキャンパス

2017.07.28

お世話になっております.

M1の原井です.

先日のオープンキャンパスは例年より多くの方々に足を運んでいただけたということで,研究室一同,大変感謝しております.

さて,お越し頂けなかったという方のために,当研究室のオープンキャンパスの様子を一部紹介したいと思います.

今年も普段は非公開の実験室を開放し,ポスターや作成したサンプルを主に研究内容等を説明させていただきました.

興味を持って来られた人,なんとなく足を運んだという人,スタンプラリーの用紙を手に「スタンプ押しに来たーっ!」という人,目的は多々あると思いますが,ひとまずお越しいただいて大変ありがとうございました!

img_9670 img_9453

また東北大学を目指す高校生の方々も多く,大学生活や入試についてもお話させて頂きました.

参考になればと思います.勉強頑張ってください!

img_9463

今年の注目はなんと!3Dプリンターの実演です!車やミッ〇ーなどを樹脂で造形していました.

多くの方々に興味を持っていただければ幸いです.

img_2537 img_2555

今回は都合がつかずお越し頂けなかったという方も,来年のオープンキャンパスでは是非,当研究室まで足を運んでみてください!

原井

東北大学オープンキャンパス2017

2017.07.25

厨川・水谷研究室 嶋田です.

本日より東北大学のオープンキャンパスが始まりました.

午後より大雨となるあいにくの空模様の中,本年も沢山の方に足を運んでいただくことができました.

本年は強力なデザイナーでありリーダーであった小林龍一君の博士課程修了のあおりを受けて,研究室内のパワーが足りない気がしなくもなかったですが,残ったメンバーで頑張っています.

なお,その小林君のデザインが本年のTシャツや紙バッグに採用されていますので,それらのデザインを見たら厨川研究室を思い出してください.

オープンキャンパスは明日までありますので,大学の様子を知りたい中高生や研究室配属の参考にしたい大学1,2年生,大学の研究を知りたい一般の方,どなた様も大歓迎ですので,ぜひとも足を運んでいただきたく存じます.

また本年も機械・医工学コースのスタンプラリーがございますのでこちらにもご参加いただければ幸いです.本年は各研究室で異なるスタンプですのでお楽しみください.

▶スタンプ台紙がこちら

 

クォーター制

2017.7.25

厨川・水谷研究室 嶋田です.

本学は本年からクォーター制が採用されました.

その結果,授業のローテーションが早くなり割り当てのあるクォーターは結構大変です.

その結果,このブログも疎かとなっていた,というわけです.まあ,言い訳ですが..

 

さて,受け持った授業は,本年から新たに開講される授業だったので一層の大変さがありました.

一方,そのおかげで学部時代に教わったことを深く学び直すことができました.

なんとなくでしか知らなったDeep learningにも触れることができました.

いろいろと不備もあったかと思いますが,何とか終えることができてよかったです.

最終課題の提出メールに感謝のことばを載せてくれる学生もいらっしゃり,お世辞でも教員としての冥利に尽きることでした.

ただ,来年も受け持つことがあれば,土日がつぶれないようなチェックを楽にするような工夫はしようと思いました.

日本材料学会 第66期学術講演会 in 名古屋

2017.06.09

お世話になっております.

M1の原井です.

 

先日5月26~28日に名古屋の名城大学にて日本材料学会の学術講演会が行われました.

本研究室からは,私が28日のセッションで公演させていただきました.

 

私は外部での発表の機会は今回が初めてでした.

正直,前日からとても緊張していました.

しかし,OBの方々と水谷先生に激励いただき,気持ちが落ち着きました.笑

ありがとうございました.

 

 

発表当日は多少は上がってしまいましたが,練習通りの発表ができました.

欲を言えば,質疑応答でもう少しうまくお答えできればと反省しております.

また,他大学の学生の発表も初めて聞かせていただきましたが,

堂々と講じている様子を見て刺激を受けました.

 

名古屋観光はあまりできませんでしたので,

仙台に戻る前に,同じセクションで発表した安倍くんと味噌煮込みうどん食べに行きました.

名古屋もおいしいものが多いですね.また行きたいです.

img_2453

 

今回の出張は勉強になることが多く有意義なものとなりました.

また学会や講演に足を運びたいと思います.

今後ともよろしくお願い申し上げます.原井

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会