ABTEC2013@日本大学理工学部駿河台キャンパス

2013.8.31

厨川研究室 助教 嶋田です.

先日の2013年度砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2013)に参加してまいりました.

本年はあいにく本学の大学院入試と日程が完全に重複し(8月27~29日),私と学生の冨江君のみの参加となりました.

冨江君の発表時の様子です.

演題は「窩洞へのハイドロキシアパタイト膜形成」で,虫歯を除去した後の窩洞に対して噴射加工を行った場合を想定してシミュレーションと実験を行った結果について報告しております.割とふてぶてしいというか,マイペースを貫く学生なので初めての学会発表であるのに落ち着いて発表できておりました.

懇親会では日大吹奏楽部の皆様の演奏を楽しむことができました.

冨江君も緊張が解けたのか楽しそうです.

こんなに楽しそうな冨江君はいつ以来だろうか..?

 

ちなみに彼はそのままインターンシップへ行ってしまうため,彼に貸したレーザポインタはこのまましばらく帰ってこないこととなりました...

 

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会