芋 煮

2013.10.22.

厨川・水谷研究室 助教の嶋田です.

 

季節の変わり目ということで,早速風邪を拾いました.
思い知ったことは,抗生物質の偉大さです.
自然治癒力は減衰しそうですが..

 

さて,ここ数年で研究室の行事として定着した研究室の芋煮会.
今年も先週の土曜日に牛越橋近くの河原で行いました.
ほとんどの研究室のメンバーが参加し,研修Iで仮配属の2年生も来てくれました.
2年生のうちからアクティビティに溶け込むとはえらい.
今後ともよろしくお願いします.

学部2年生の学生とD1

芋煮の買い出しは学部4年生が,当日の準備は3年生が行ってくれました.
早くから準備してくれて非常に感謝しております.

芋煮を賞味,そしてバーベキューの準備

芋から主役が焼き物へと移り変わっていっている様子です.
ちなみに芋煮は仙台風と山形風の両方を作りました.
仙台風に関しては,豚汁との違いについてしばしば議論されますが,単なる呼称の違いだと思います.

芋煮からバーベキューに主役がシフト

野外で火を熾したらマシュマロを焼く,というのは定着してきているようですね.
なべの火を利用するというコジェネレーション的な感じ.

マシュマロを焼く様子

曇天の秋の河原,薄ら寒い天気ではありましたが,
食で体を温め,全員満腹満足して終えることができ大変よかったです.
なお自分はふところが少し冷えました.

そのあと元気な学生はそのまま飲みに行ったようです.
タフだなあ.

最後に,早くから企画・買い出し・準備そして後片付けによく働いてくれた学部4年生ならびに3年生に感謝申し上げます.

ただ,調味料ついて.

買いすぎです.

冷蔵庫の中身が減らずに倍になってしまったよ.

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会