機友会忘年会 & 精密工学会東北支部講演会

2013.12.09

厨川・水谷研究室 助教 嶋田です.

 

先日の12/6 に機械系の教職員の会である機友会の忘年会が行われました.

2年目で少し余裕ができたのでいろいろな先生のお話を聞くことができ,よい会でした.

特に似た趣味を持った先生がいることを見つけることができてよかったです.

またビンゴ大会では2番手にあがることができ,人生ゲームを獲得いたしました.運がいいね.

獲得した人生ゲーム.問題は誰とやるか..

 

さて結局,家に帰り付いたのが1時半過ぎとなりましたが,

その12/7に精密工学会東北支部講演会が秋田県のたざわこ芸術村 温泉ゆぽぽにおいて行われました.

仙台6:40発の秋田新幹線に乗るのがきつかった..

 

温泉ゆぽぽ 角館駅からタクシーで10分

秋田では早くも雪化粧.去年の山形でもそうでしたね.

 

講演会ではM2の菅井君が発表いたしました.

この発表の前々日の木曜日に中間審査を終えたばかりの彼ですが,うまく発表をこなしていたと思います.

発表の様子.発表時間が10分で質疑5分とコンパクトな講演会で,逆にまとめるのが大変.

看板の前で記念撮影.昔と比べてたくましくなったものです.感慨深い..

 

交流会では地ビールがふるまわれ,活発な技術交流を行うことができました.

 

帰路はスーパーこまちに乗ることができましたが,ほとんど寝ていて覚えていません.

菅井君の話では,全席指定のため16・17号車もシートの間隔が広いらしいです.乗れてよかったのかな.

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会