いよいよオープンキャンパス!(学生視点)

2016.07.22

こんにちは!
いよいよ来週の水曜日からはオープンキャンパスですね!
ここでは直前に迫ったオープンキャンパスの厨川研究室の準備の様子を、
夏バテで頭がうまくまわらない博士学生小林からお伝えしようと思います!

厨川研究室は機械加工の研究室です。
機械加工は製造業の90%以上を占める(たぶん)、
ものづくりの最も基本的なプロセスです。
しかし、皆さんの中でも、のこぎりやドリルを使って木を切ったり
木に穴を開けたりしたことはあっても、金属を削ったり曲げたり
したことがある人はほとんどいないのではないでしょうか。
そう、機械加工は非常に重要なプロセスであるにも関わらず、
普通の人の目に触れることが少なく、あまり知られていないのです。

今回のオープンキャンパスでは、その機械加工について、
そしてその最前線である(はずの)厨川研究室の研究について、
面白く、かつわかりやすく伝えたいと思います!

あらゆる手段を用いて機械加工をわかりやすく伝えようと、
学生一同、現在進行形で一生懸命準備に励んでおります!


※作業内容はオープンキャンパス展示に反映されない可能性があります


※作業内容はオープンキャンパス展示に反映されない可能性があります


※作業内容はオープンキャンパス展示に反映されない可能性が高いです

さて、ここで展示予定の内容を少しだけ先取りでお伝えしたいと思います。

その1  豊富な展示物
厨川研究室では毎年、最先端の加工技術で作られたものを展示しています。
しかし驚くことなかれ!厨川研究室は超精密加工の研究室なので、作ったものが
繊細すぎて、肉眼ではピンとこないことがしばしばです。
そこで、今回は微細加工技術の結晶である再帰反射構造を用意しました。
詳細は当日説明しますが、不思議なうつり方に驚くことうけあい!(たぶん)

その2 技術紹介カード
身近だけどあまり知られていない機械加工について、カードを使って
わかりやすく説明します!ただ、カードを発注したはいいものの、
まだ手元に実物が届いていません!不安!
もし間に合わなかった場合は頑張って説明します。

もちろん説明するのは詳しい研究内容だけではありません。
これから大学選びをする高校生の皆さん、研究室選びをする大学生の皆さん、
中学生、小学生の皆さん、社会人の皆さん、皆さんそれぞれ気になることは
違うと思いますので、皆さんが知りたいことを聞いてくだされば、研究室の
メンバーが誠心誠意お答えします。
気になることがあれば、是非いろいろと聞いてみてください。

さて、当日も暑くなることが予想されます。ご来場する皆さんは
きちんと水分と休憩をとり、体調を崩さないようにお気をつけください。
間違っても宿題、課題に追われ、徹夜した後などにご来場なされないよう、
十分お気をつけください。


※死んだように眠っているように見えますが、寝ているフリのだけの
可能性もありますし、本当に眠っている可能性もあります

それでは皆様のご来場を心よりお待ちしております!

小林

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会