大学院入試終了

暑いから半袖を着たいけれども,原付に乗ると肌寒いから長袖を着たくなるという悩みを抱えているM2の角田です.

8月も終わり,9月を迎えていよいよ夏も終わりに近づいてきました.
夏の終わりの風物詩(?)と言えば,そう.大学院入試(以下,院試)なんですね.
今年度の院試は昨日をもって機械系の全日程は終了となりました.
研究室で勉強する人,図書館で勉強する人,最後の数週間で怒涛の追い上げを見せる人,地頭の良さを見せる人,何も見せない人等様々ですが,個人的には研究室で勉強する人と雑談をすることによって受験生のストレスを発散させるという役割を全うし,影で後輩たちを支える,まさにいぶし銀の働きをしたと思っています.
取りあえず,ここまで勉強を頑張ってきた後輩たちにはしっかりと休息をとってもらいたいものです.

↓には院試勉強を必死に頑張ってるB4の学生……
ではなく,それらをイメージしてわたくし角田が構図を考えて撮った写真です.
個人的に,材料科学の本と微分積分の本を開きながら,三角関数の定義域を考えながら,ブラインドタッチをしている様がかなりツボです.
四兎を追う者は一兎をも得ず.そんな言葉が聞こえてくるようです.
image1

M2 角田

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会