砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2017)

2017.09.11

厨川・水谷研究室 嶋田です.

8/30から9/1まで福岡工業大学(福工大)にて行われました砥粒加工学会学術講演会(ABTEC2017)に参加いたしました.

私は初日に「超音波援用切削による機能性テクスチャリングの創成」というタイトルで発表を行いました.

内容自体はなかなか難しく,議論の余地のある内容ではあり,いろいろ議論できてよかったのですが,

肝心の発表自体は,発表慣れしてきたことによる油断から,練習をあまりせずに挑んだ結果,時間配分を完全に間違えてしまうミスがあり,反省です.

まあ,発表が終われば気楽に各セッションの話を聞いて勉強するのみ.

また今回は学術講演会30回記念大会ということで,

基調講演にて稲崎先生や安永先生,(公財)三井金型振興財団の三井様,さらに吉川先生のご講演を一つの学会で拝聴することができる非常に幸運な会でした.

懇親会も豪華,というか,南国のリゾートの趣きのある会場で,もはや国際学会の様相でした.

DSC_3010

しかし,今回の学会は,福工大の皆様の「おもてなし」によって成り立っていたと思います.
会場の設営や吹奏楽部の演奏はもちろんですが,日常レベルのこととして外部の方へしっかりと挨拶することを学生および附属中高の生徒の皆様がしっかり実践されていて感心させられました.

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会