2017年度日本冷凍空調学会年次大会にて

お久しぶりでございます.D2の長谷川です.
以前,私の更新した記事を見たら,2014年6月11日・・・3年以上前だったことに戦慄しました.

桃栗だったら収穫時期ですよ.
時間が経つのは早いですね!

さて,先月末の9/27-29にかけて,東京都町田市の玉川大学にて,
「2017年度日本冷凍空調学会年次大会」が開催され,私も聴講者として参列致しました.

加工系の方々には,あまり馴染みのない学会かもしれませんが,
本学会ではその名の通り,主に冷凍器・空調機器に関する研究報告がされています.
近年では学会規模も大きくなり,非常に活気ある学会となっています(今年度の学会予稿集は1000ページを超えたそうです).
省エネが叫ばれている現代においては,かなりタイムリーな内容ではないでしょうか?
皆さまも,機会と興味があれば,是非本学会に参加してみて下さい!

加えまして,私事で大変恐縮ではございますが,
昨年度の2016年度日本冷凍空調学会年次大会にて発表した内容が評価され,
「優秀講演賞」を受賞し,本学会内にて表彰をされてまいりました!

sh20171005
http://www.mech.tohoku.ac.jp/news/detail.php?cid=18&pid=885
(↑機会系のトップページに記載していただきました.たぶん見られるのはいまだけです.)

「アピールするの重要よ」と言われたのでこの場を借りてアピールします.とったどー!

学会で賞をいただけたのはこれが初めてで,非常に嬉しいです.
受賞の連絡を受けたときには詐欺を疑ったくらい信じられませんでした.3度見余裕でした.

これも研究活動を支えていただいた先生方はもちろん,メンバーの皆さんがいたからだと思っています.
皆様,本当にありがとうございました.

これを推進剤とし,研究活動に尽力して行きたと思います!
(そろそろ桃栗のように実を結びたいです・・・)

それでは

D2 長谷川

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会