ATF2018 および 砥粒加工学会賞論文賞の受賞

2018.03.14

厨川・水谷研究室 嶋田です.
先週の3月8日に大田区産業プラザPiOにて砥粒加工学会のATF2018が行われ,
当研究室からは柴田くんと高瀬くんが卒業論文発表会に参加いたしました.

はじめての学会参加ということで緊張しておりましたが,緊張感を含めよい経験がつめたのではないかと思います.
受賞は逃しましたがいただいたご意見やアドバイスを今後の研究に生かしていきたいと存じます.

また平成29年度砥粒加工学会賞論文賞を水谷先生筆頭の論文「パウダージェットデポジション(PJD)における粒子破砕挙動と成膜メカニズム関する研究」に対していただきました.
本論文は学生や共同研究者が連名とさせていただいているように,たくさんの方の協力により執筆された論文です.
協力に感謝申し上げるとともに今後ますますの深化を重ね,いよいよ実用化を実現したいと存じます.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

授賞式での様子・なお厨川先生が現砥粒加工学会会長のため厨川先生から手渡されました.
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

技術交流会での様子・参加者から温かい声援(?)が送られ,とてもフレンドリーな学会の空気を感じさせる会でした.
  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会