パウダージェット加工技術

超精密加工のブレークスルーを目指して

 本研究室では、粒子噴射(パウダージェット)技術の加工への応用展開を強力に推進している。すなわちサブμmから数10μm直径粒子の(1)精密定量供給技術並びに噴射技術、(2)精密分級分散技術、(3)粒子製造・複合化技術を駆使し、超精密加工分野のブレークスルーを目指す。

  • 遊離砥粒加工(超精密非球面研磨、マイクロ超音波加工、マイクロAJM、光触媒レーザナノ加工等)
  • 固定砥粒加工(ラッピングテープ加工、精密分級分散極微粒ダイヤモンド砥石等)
  • 周辺技術(加工液ミスト供給、油性・水性加工液混合供給、マイクロバブル供給等)

 またパウダージェット加工技術は超精密加工などの除去加工のみならず、付着加工への応用展開、さらには医療やバイオ等の異分野への広範囲な応用も期待できる。

  • 厚膜形成(パウダージェットデポジション、セラミックス厚膜、金属厚膜形成等)
  • 精密塗布(精密接着、レジスト均一膜厚制御、超微少量潤滑剤供給、微粒子導電膜、誘電膜製造等)
  • 医療(歯質の再構築、バイオインターフェース、インプラント、人工骨応用分野、ナノメディスン等)