未来の歯科治療を目指して

生体・バイオマテリアル高機能インターフェイスの創成

 パウダージェット加工の歯科治療への応用が検討されている。また微粒子噴射による付着現象を利用して、室温大気圧環境下でハイドロキシアパタイト(HA)微粒子を、人歯表面(エナメル質)に高速で衝突させることにより、HA厚膜を成膜することに世界で初めて成功した。本手法は、新しい歯質の再構築を可能にするもので、歯科治療や予防歯科、さらには審美歯科治療の分野において、従来の歯科治療を根本から変える技術として注目されている。

  • パウダージェット技術による歯科治療パウダージェット技術による歯科治療
    • ナノ精度機械加工 専門委員会
    • 精密加工研究会