研究室公開来場御礼

2014.03.20

厨川・水谷研究室 助教 嶋田です.

3月18,19日と青葉山キャンパスの機械系研究室において
一般公開が行われました.

残念ながら教員は立ち会うことができませんでしたが,
我々の研究室にも機械系の新3年生をはじめ,
たくさんの方が足を運んでいただき,
研究に興味を持っていただけたと学生から伝え聞いております.

まだまだ拙い説明だったかもしれませんが,
学生個々人がそれぞれの視点から,

  • 研究の内容や面白さ,大変さ
  • 研究に対する思い,
  • 研究室の雰囲気 など

様々な情報を懸命に伝えようとしていたと思いますので,
少しでもそれら受け取っていただけていれば幸いです.

そして波長が合いそうだと思っていただけたのならば,
是非ともこの厨川・水谷研究室を志望して頂き,
一緒に研究をしましょう!

また,今回参加できなかった,もう少し見学したい,などありましたら,個別に対応させていただきますので,遠慮なくご連絡ください.

最後に,ご来場してくださいました皆様に,深く感謝申し上げます.

研究室紹介(3/18-19)

2014.03.12.

厨川・水谷研究室 助教 嶋田です.

研究室紹介が3月18日,19日に行われます.

とくに新3年生の方はこの機会に研究室を訪れ,次年度の配属先を決定することと思いますし,

事前調査としてホームページなどを調べていると思いますので,

この記事は新3年生に向けて書いております.

 

まず事務室の前に事前希望調査が出ていました.下の図のような感じです.

研究室紹介

研究室の横の★は許容人数に対して超過した人数を示しており,

★一つで1もしくは2人の超過を意味しております.

例えば★★★の場合は5もしくは6人の超過です.

3~6人の超過という意味ではないようです.

・・・もう数字で書いてもいいのではないか,と思えますね.

 

最大で6個の星が付いていることが確認できます.

すごいことです.

 

さて,うちの研究室はどうなっているかを拡大したのが次の図です.

 

研究室紹介02

・・・なんと★が一つもついていません.

これはものすごく狙い目ですよ!

 

とりあえず研究室選択に迷っている学生は

我々の研究室も見学コースに入れてもらい,

ぜひ検討に入れて頂きたいです.

 

とりあえず長所は下記の通りです.

・ものづくりの研究室なので「物」ができます.

・企業と共同研究ができます.

・学生は割と自由です.

・学会で発表できます.

・明るい雰囲気です.

 

と,ここで書いても悪いように書くはずない,と思われるかもしれませんので,

そこは実際に1号館1階101号室に来て,

研究室の学生と直接話して確認してください.

教員が出張のため,学生の忌憚のない意見を聞くことができるはずです.

 

長くなりましたが,新3年生の学生の皆様は,

たくさんの研究室を見学して,

自分にふさわしいと思える研究室を見つけられるといいですね.

 

そして,たくさんある研究室から

我々の厨川・水谷研究室を選んでいただければ幸いです.

 

どうぞよろしくおねがいいたします.

オープンキャンパスを終えて

2013.8.2

こんにちは

梅雨、あけませんね。
最近は常にしっとりとしている小林です。

さて、一昨日、一昨昨日とオープンキャンパスが開催され、
たくさんの方にご来場いただきました。

嶋田先生をはじめ、研究室の皆さん解説員として
非常に頑張っていらっしゃいました。
その隣で高校生と単なる世間話をしていた私は
皆さんの頑張りにただただ頭が下がる思いです。

このオープンキャンパスで東北大、そして
厨川研のことを知って、少しでも興味を持っていただけたら
非常に嬉しいことです。

 

さて、一日目の終わりには機械系での懇親会がありました。

さて、これは何をしているでしょーか!

 

ヒント:真ん中で肉が焼けている

 

正解は・・・バーベキューでしたー!

なんにせよ、火災報知機が作動せず何よりでした。

 

終わる頃には日も暮れて、最後は片付け

 

一日の終わり、いろんなことがあってみんなヘトヘトのなか、
S君だけがニヤニヤしていました。

 

 

熊は出ませんでした。

 

小林龍一

研究室公開を終えて

2013.3.24

こんにちは

皆さんお元気でしょうか。
今日は花粉が少ないせいかまともに呼吸ができている小林です。
余力で近況を報告します。

 

先日、研究室公開が行われました。
私は1日目の一部の時間だけ参加し、
2日目は別の施設で実験機器に頭を突っ込んでいたので
全体については知らなかったのですが、
どうやら2日間ともに盛況だったようで、嬉しい限りです。

またそれなりに頑張って作ったポスターをそれなりに評価して
いただけたようで、こちらも嬉しく思っています。

 

でも嶋田先生。僕はB4ではなくM1です。

新M1でもなく、現M1で新M2です。

3年前から研究室にいるはずなのですが…意外とショックです。

 

さて、卒業式も近づき、M2の方々の物も研究室から
ほとんど無くなってしまいました。
少し寂しいですね。
これからはおそらく新M2が中心になって様々な実験を
進めて行かなければならなくなるでしょう。
“新M2”としてこれから身が引き締まる思いです。
明日から気合を入れて頑張って行こうと思います。

 

あんまり花粉が多くなければ。

 

 

M1 小林龍一

 

“M1” 小林龍一

研究室公開(3/19、3/21)

厨川研究室 嶋田です。

 

一昨日と本日の2日間にわたり、本学機械系の研究室公開が行われました。

とくに学部2年生が所属研究室を決めるという意味合いが強い(ものだと思うの)ですが、

近隣の山形大や岩手大をはじめ、北海道大や東京理科大、青山学院大などからもたくさんの方々が足を運んでくださいました。

皆様に説明を聞いていただき、また今月刷新した研究室パンフレットも100部以上受け取ってもらうことができ、喜んでおります。

まだまだ我々の説明は拙いものだったと思いますが、今回の研究室公開で本研究室、ひいては機械加工分野に関心を持っていただけたならば幸いです。

学部2年生においては、いろいろな研究室を見比べてもらい、その上で希望調査において本研究室を希望に入れていただけたならばありがたいです。

学部3年生においても、さまざまな研究室から検討してもらい、その上で院試において本研究室を希望に入れていただけたならばうれしいです。

 

今回展示しておりましたポスターの縮小版を貼りますので、ご参考にしてください。

研究室紹介ポスター画像

ちなみにこのポスターはB4の小林龍一君が作成したものです。身内ながら出来のよさに驚きました。

今回の機会を逃した、もしくはもっと実際の機械を見てみたいという方がいらっしゃいましたら、嶋田までご連絡ください。

個別でご連絡いただけた場合には今回紹介しきれなかった部分まで説明いたします。

 

学生の説明を見ていると言葉が足りないような気がしましたが、それでも彼らなりの知識と表現でうまく説明しており、

なにより自分たちの研究を説明しようという気概を感じることができ感心しました。

特に割り当てを与えなかったのですが常時、4~5人説明員がついていたことは

自分たちの研究を説明したがっていること、誇りを持っていることの証左だと思っております。

この調子で研究もがんばろう。(注意補足:今、頑張っていない、という意味ではありません。)

 

またたくさん聞かれた質問として“コアタイム”がありますが、特にありません。

雰囲気とか、教授の人柄とか、学生と教員との仲とか聞かれましたが、とってもいいと思います。

とりあえず過去のアクティビティを参考にしてください。

また学会での研究発表等も学部生のうちからどんどん行えます。

 

それではたくさんのご希望をお待ちしております。

おーぷんきゃんぱす

M1小栗です

今日は先週のオープンキャンパスについて書きます。

オープンキャンパスは両日とも晴天に恵まれたくさんの方々が来場しました。

今年は龍一の頑張りもあり、かなり良い展示ができたと思います。

例年にはない超音波加工機の実演や、顕微鏡観察による微細構造の観察など楽しんでいただけたと思います。

来年はもっと良いものができるように早い段階から準備をして、きてくれた人々に楽しんでもらいたいです。

研究室はこんな感じだったんですが、僕は院生会の仕事で学生情報コーナーという学生生活とは何ぞやといったことを説明するコーナーに一日目はいました。とにかく暑かった・・・そして高校生はやっぱり若いなぁと感じたー。その後バーベキューの準備をして、一日目はずっとたちっぱで足がとれるかと思ったー。

二日目は情知や化バイのオープンキャンパスを見学し、情知でやってることが機械系よりも機械的なことをやってて面白かったー。バラエティーでよくある感電するボールとか触ったけど、そんなに痛くなかったー、芸人のリアクションデカすぎ。一通り遊んだ後は研究室のブースで説明をしてましたー。自分の研究室でやってることでも人に説明するとなるとなかなか難しいですねー。

そんな感じでオープンキャンパス二日間は終わりました。疲れたけど結構楽しかったです。

来年も楽しみたいと思います。

レポートやべーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

オープンキャンパス終了

2012.7.31

厨川研究室 助教の嶋田です.

本年度のオープンキャンパス(7/30-31)は無事終了いたしました.

本年は例年にも増して多くのご来場者を迎えることができました.

ご見学いただいた皆様に感謝いたします.

学生達も拙いながらも精一杯に日々の研究を伝えようと努力しておりましたので,

研究にご興味・ご関心を持っていただけたならば幸いです.

 

また今回のオープンキャンパスに参加できなかった方も,

ご連絡いただければ研究室のご紹介をいたしますので気軽にメールください.

 

最後に学部2年生用のポスター(A4PDFファイル)を貼り付けますのでご参考にしてください.

研究室紹介2012[厨川研究室]v3

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会