2014年度精密工学会春季大会 @東京大学 本郷キャンパス

2014.03.20

厨川・水谷研究室 助教 嶋田です.

3月18日~20日まで東京大学の本郷キャンパスにおいて

精密工学会の春季大会が行われ,

本研究室からはM2の大澤くん,小栗くん,社会人Dの鷹巣さんが講演いたしました.

D
東京大学のシンボル1 「安田講堂」
見切れている下の部分は工事のバリケードが…

~改行~

D
東京大学のシンボル2 「赤門」
正門ではないそうです.

~改行~

D
講演中の写真撮影が禁止されていたため,看板の前で記念撮影.
発表を終えて晴れ晴れとした表情.
せっかく学生なのだから,1回くらいは学会発表を経験しておくべきですよね.

~改行~

私個人としては精密工学会では初めて,通算でも4度目の座長を務めさせていただきました.

座長を任せて頂いて思うことは,やっぱりノートに取って行う予習は大切だということです.

論文集を「読むだけ」でいい気になっていたのを反省して,ちゃんと指を動かそうと思います…

工作機械トップセミナー2013 @東京大学 本郷キャンパス

2014.02.24.

厨川・水谷研究室 助教 嶋田です.
先週末の22・23日に東京大学の本郷キャンパスにおいて工作機械トップセミナーが開催され,
本研究室からも学生と引率として私が参加させていただきました.
本セミナーは昨年メカトロテック2013とともに開催されるはずも,
台風で中止となったセミナーの振替であり,
この投稿のタイトルは誤植ではありません.

会場は全国各地から集まった学生・教職員約300名で
会場の講堂は満席すし詰め状態であり,
懇談パーティーも大変盛況な様子でした.

ご講演も各社,かなり力を入れた内容をご報告いただき興味深いものでした.学部の学生や工作機械に係わったことのない学生にとっては
すこし難しかったかもしれませんが,わかりやすくご説明いただけたと思います.

今年はJIMTOF開催年ということで,図々しい話ですが,
JIMTOFにもお呼びいただければありがたいです.

残念だったのは安田講堂が工事中だったことと,
東大饅頭が意外と値が張って,
東大クッキーは東北大クッキーとほぼ一緒だったことです.
...トップセミナーと関係ないです.

機友会忘年会 & 精密工学会東北支部講演会

2013.12.09

厨川・水谷研究室 助教 嶋田です.

 

先日の12/6 に機械系の教職員の会である機友会の忘年会が行われました.

2年目で少し余裕ができたのでいろいろな先生のお話を聞くことができ,よい会でした.

特に似た趣味を持った先生がいることを見つけることができてよかったです.

またビンゴ大会では2番手にあがることができ,人生ゲームを獲得いたしました.運がいいね.

獲得した人生ゲーム.問題は誰とやるか..

 

さて結局,家に帰り付いたのが1時半過ぎとなりましたが,

その12/7に精密工学会東北支部講演会が秋田県のたざわこ芸術村 温泉ゆぽぽにおいて行われました.

仙台6:40発の秋田新幹線に乗るのがきつかった..

 

温泉ゆぽぽ 角館駅からタクシーで10分

秋田では早くも雪化粧.去年の山形でもそうでしたね.

 

講演会ではM2の菅井君が発表いたしました.

この発表の前々日の木曜日に中間審査を終えたばかりの彼ですが,うまく発表をこなしていたと思います.

発表の様子.発表時間が10分で質疑5分とコンパクトな講演会で,逆にまとめるのが大変.

看板の前で記念撮影.昔と比べてたくましくなったものです.感慨深い..

 

交流会では地ビールがふるまわれ,活発な技術交流を行うことができました.

 

帰路はスーパーこまちに乗ることができましたが,ほとんど寝ていて覚えていません.

菅井君の話では,全席指定のため16・17号車もシートの間隔が広いらしいです.乗れてよかったのかな.

ICFD2013 Global/Local Innovations for Next Generation Automobiles ポスター&ショートプレゼン

2013.11.28.

厨川・水谷研究室 助教の嶋田です.

先日の11月26日,仙台国際センターで10th International Conference on Flow Dynamics 内のセッション,

Global/Local Innovations for Next Generation Automobiles

におきまして,本研究室からもポスターを展示させていただき,

また,3分間のショートプレゼンテーションを行いました.

 

今回展示したポスターの縮小版.これをもとにプレゼンを行いました.

ショートプレゼンテーションは初めてだったので妙に緊張しましたが,うまく我々の研究のシーズを示せたと思います.

とはいえ,まだまだ英語の発表は難しいですね.(じゃあ日本語なら完璧か?と問われれば閉口してしまいますが..)

これからも研究,英会話とさまざま精進していきます.

LEM21 2013 Young Researcher Award & 優秀講演論文賞 受賞

2013.11.28.

ご報告が遅れておりましたが,先日のLEM21 2013において本研究室所属の学生2名,

ボロトフ セルゲイ が優秀講演論文賞を,

王 静思 がYoung Researcher Awardを

それぞれ受賞いたしました.

ボロトフくん受賞

 

王さん受賞

 

これも本人の努力によるものであると同時に,支えてくださる皆様のご助力によるものと感謝申し上げます.

これからも研究室全体として,より一層の精進を重ねて参りますのでよろしくお願いいたします.

LEM21 2013 本研究室学生の講演

2013.11.19.

厨川・水谷研究室 助教の嶋田です.

LEM21 2013は盛況のうちに終えることができました.

学生アルバイトも前日から会場準備・受付・タイムキーパーとしてよく働いてくれました.

 

そのなかで,本研究室の3名の学生も講演いたしました.

 

ボロトフ君の発表 Title: Fabrication of Precision Micrograting on Resin Substrate Utilizing Ultrasonic-Assisted Molding

徐君の発表 Title: Surface Texturing and Wettability Evaluation of Zirconia Ceramics

王さんの発表 Title: Influence of Process Parameters on Ultrasonic Machining using Smoothed Particle Hydrodynamics

 

各自よく練習されており,ゼミでの練習よりもよくまとめられていました.

なお私も2日目の朝一番目に発表しましたが,発表準備が足りておらず,

学生にはあまり見せたくない発表でした..スライドショーづくりで力を使い果たしていました.

 

また私は自分の発表の後に座長を任せていただきました.

国内の学会でもそんなに経験のないところ,国際学会の座長など畏れ多いことではありましたが,

こちらはつまづきながらも予習通りうまくこなせたと思います.

助教2年目で経験で来てラッキーです.

 

発表した学生はもちろんのこと,アルバイトで動き回ってくれた学生にとっても

今回,多くの経験値を獲得できたと思います.

これが今後の研究室のレベルの底上げになってくれるでしょう.

LEM21 2013 in Matsushima 御礼

2013.11.18.

 

11月8~9日,松島ホテル大観荘におきまして

The 7th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21 2013)

が行われ,大盛況のうちに幕を閉じることができました.

大会中さまざま不手際等もあったかと存じますが,

こうして終えることができたのもひとえに参加各位のご協力のおかげであると感謝申し上げます.

 

Banquetの集合写真 今回は日本スタイルのバンケットで,厨川教授も浴衣スタイルでおもてなし

 

なお第10回日本機械学会 生産加工・工作器部門講演会(2014年)は徳島で,

次回 LEM21 2015 は京都で行われる予定です.

最後に,皆様に重ねて御礼申し上げます.

 

工作機械トップセミナー(中止)

2013.10.29.

厨川・水谷研究室 助教 嶋田です.

朝晩の冷え込みで,自転車のサドルが夜露に濡れるようになってきました.
風邪も流行りだしたので,とくに学位論文がある学生には気を付けて追い込みにかかってほしいところです.

先週末の26-27日に名古屋で行われている
メカトロテックジャパン2013(MECT2013) および 工作機械トップセミナー
にご招待いただき参加する予定でしたが,台風の影響により残念ながら中止となりました.

実際に台風は逸れたためJRは運行しておりましたが,
最悪の状況を想定しての早めのキャンセルは正しい判断だったと思います.

まあ,せっかくの機会だったので行ってきたかったのが本音ですが..

2013年度精密工学会春季大会@東京工業大学 大岡山キャンパス

 

2013.03.16

厨川研究室 嶋田です.

精密工学会春季大会が東京工業大学の大岡山キャンパスにて行われました.

大会初日(3/13)は精密な日本の鉄道ダイヤを混乱させるほどの強風が吹き荒れ,

しかも気温は20度を超え,汗と埃と花粉にまみれ,大変な思いで会場にたどり着きました.

 

 大岡山キャンパス本館(撮影は最終日(3/15))

今回はM2の萩原君が学生生活最後の発表に臨みました.

発表題目は“パウダージェットデポジションによる2次電池用シリコン負極形成” でした.

 

発表前の様子

 

発表時の様子

さすがはM2ともなるとよくまとまった発表を行うことができていたと思います.

また彼に限らず,本研究室全体的にスライドショーのレベルが上がってきました.大切なのは中身であることは間違いないですが,きれいに作れることはいいことですよね.

 

こちらの東京工業大学2代目学長(当時は東京工業学校)手島精一先生の像です.

日本の工業教育の発展に貢献された方であり,われわれ工学部に所属するものとして尊敬すべき人ですね.

手島精一先生の銅像

最後に,東京に行ってSuicaの便利さに驚かさせられました.すごいな,Suica.

 

 

東北大学イノベーションフェア2013 仙台

2012.12.10

厨川研究室 嶋田です.

来年2013年1月17日(木)に仙台国際センターにおいて

東北大学イノベーションフェア2013 が開催されます.

開催に関するホームページの公開が始まりました:

http://www.rpip.tohoku.ac.jp/inv2013/

我々の研究室からも出展を予定しております(ブース番号47).

多くの方に足を運んでいただき,我々の研究を直接お伝えできれば幸いです.

どうぞ,よろしくお願いいたします.

  • ナノ精度機械加工 専門委員会
  • 精密加工研究会